協会紹介

起立工商協会について

起立工商協会の設立

私たち起立工商協会は、上峰町及びその周辺地域と緊密な連携のもと、観光地域づくりを通じて、循環する地域経済に寄与することを目的として設立されました。

由来

起立工商協会は、明治時代初頭、日本の美術品や物産品を世界に輸出した日本の貿易会社の礎といわれている「起立工商会社」が名前の由来となっています。

起立工商会社の経緯

起立工商会社は、1974年(明治7年)日本政府と強く連携して国内の優れた工芸品や美術品を海外に紹介し文化産業を育成すると共に、日本ブランドをプロモーションし存在感をアピールする事を使命として設立されました。

会社成立の契機は、1873年(明治6年)、オーストラリアのウィーン万国博覧会と言われております。博覧会では、明治政府が総力を結集し、日本の美術品や物産品を集め、出展したところ、大勢の外国人が関心を寄せ、日本の会場は連日賑わい、緻密かつ壮麗な美術工芸品は欧州人の日本観を変えるきっかけとなりました。
ウィーン万国博覧会終了後、イギリスのアレキサンドル・パーク社が好評を博した日本の庭園を買い取りたいと申し出て、博覧会事務局に商品の保証を求めてきました。しかし、政府として参加しているため、博覧会事務局は関与できず、団長であり副総裁であった伯爵・佐野常民の指名で、当時、海外へ佐賀県嬉野茶の玉緑茶を輸出し実績を残していた松尾儀助を社長に、道具商として参加していて美術・工芸の知識も深かった若井兼三郎を副社長に任命、急遽、半官半民の貿易会社「起立工商会社」を設立し、日本庭園の販売に至りました。

翌1874年(明治7年)、政府に全権を託された松尾と若井は銀座・竹川町16番地(現・銀座7丁目)に事務所を開設。以後、製造所を2箇所建設し美術工芸品を製造しました。
最盛期には80余名の社員と、日本全国から様々な職種の精鋭をあつめ、100名以上の技工を雇用し、その製作品は世界で行われた万国博に出品され、多くの金賞を獲得、後に外貨を稼ぐ主要な美術品となっていきました。

その後、1876年(明治9年)にフィラデルフィア万国博覧会に参加。は博覧会にてアメリカ人の心をつかみ、需要を確信した松尾儀助は翌年1877年(明治10年)にはニューヨーク支店を回転しました。ニューヨーク支店の開設については後に大隈重信が「紐育(ニューヨーク)日本人発展史」の序の中で、「松尾儀助氏が起立工商会社を起こして日米貿易の礎を築き・・・」と記しており、日米間の貿易の画期をなす快挙となりました。

またその翌年、ニューヨークの成功に自信を得た松尾は、1878年(明治11年)のパリ万国博覧会の開催と合わせて、キャプシーヌ通りにパリ支店を開店。当時無名だったフィンセント・ファン・ゴッホも起立工商会社に来店し、バルセロナ万国博覧会とパリ万国博覧会のため準備に渡欧していた松尾から起立工商会社と墨書きされた嬉野茶の茶箱のプレートを譲り受け、それをキャンバスに「Still Life With Three Books」と「Small Basket with Flower Bulbs」の二枚の油彩画を描いています。(現在、アムステルダムのゴッホ美術館所蔵)

1881年(明治14年)の政変後、急激な円高などで経営が切迫し、1891年(明治24年)には廃業となりましたが、明治初頭多大な国益をもたらし、日本の美術工芸品の発展に貢献し、山中商会を始めとする後の貿易会社の礎となりました。

 

上峰町ポータルサイト